北欧インテリアで作る 心地よい暮らし。

元インテリア販売スタッフがマイホームで実践!建売住宅でも海外のようなおしゃれな部屋が作れる方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

真夏の寝室の暑さ対策はニトリのNクールで解決

 

 

f:id:eri_ko:20190808141444j:plain

 

 

 

長引いた梅雨が明けたのはいいものの

毎日毎日暑い日が続いていますね。

 

連日の真夏日に加えて、

夜も気温が下がらず暑い。。。

 

 

熱中症が怖いので

(室内でも熱中症になるそうです)

夜も寝室のエアコンはかけていましたが、

先日、ようやく我が家も寝室の衣替えをしました(恥)

 

 

なんと、つい最近まで羽毛布団を使っておりました(恥)

 

エアコンで室内の温度を下げて

羽毛布団を使っているようだと

電気代がかかってしまいとても不経済。

 

 

ということで

昨年購入したニトリのNクールを引っ張り出しました。

 


 

 

 

羽毛布団→ニトリのNクールの掛け布団

 

コットン100%のシーツ→ピュアリネンのシーツ

 

 

やったのはこれだけですが、

だいぶ涼しくなりました。

 

 

 

衣替えの前までは

エアコンを冷房に設定していても

体のコンディション次第で

寝汗びっしょりで

起きてしまったりしていましたが、

 

このニトリのNクールの掛け布団と

ピュアリネンのシーツに変えただけで

エアコンは自動モードでも

少し寒く感じるくらいに。

 

 

Nクールは

面と裏で生地の素材が違っていて、

接触冷感のひんやり面と

パイル地面とを使い分けられます。

 

f:id:eri_ko:20190808142740j:plain

 

ストライプ柄の面が接触冷感になっていて

触るとひんやり冷たいです。

 

 

ほぼ化学繊維ではありますが、

洗濯機で洗えるので

汗をかいても洗えて衛生的。

 

 

麻素材の寝具は

麻の吸湿性は綿の4倍

通気性にも優れているので

蒸れにくくてさらっとした感触が気持ちいいんです。

 

 

f:id:eri_ko:20190808143319j:plain


 

なんとなく水色で揃った寝具たち。

見た目も涼しくなりました。

 

 

 

ピュアリネンのシーツは

綿のシーツより高いですが、

ニトリのエヌクールは

とってもお手頃なので

毎日暑くて寝苦しい方は

試しに買ってみる価値はあると思います。

 


 

 

これだけ暑いと

さすがにエアコンなしで眠るのは怖いので

自動モードで節電しながら

しっかり睡眠をとって暑い夏を乗り切りましょう。

 

スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 一戸建インテリアへ
にほんブログ村