北欧インテリアで作る 心地よい暮らし。

元インテリア販売スタッフがマイホームで実践!建売住宅でも海外のようなおしゃれな部屋が作れる方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

【インテリア雑貨】生活感をなくす北欧デザインのティッシュケース。

 

 

f:id:eri_ko:20190419113613j:plain

 

 

毎日必ず使う、生活の必需品であるテッシュペーパー

 

頻繁に使うので

家族が集まるリビングダイニングに置いているのですが

どうしても生活感が出てしまいますよね。

 

 

ゲッターズ飯田さんの著書「金持ち風水」の中で

お金持ちは「ティッシュ」を見えるところに置かない

という風水を紹介していました。

 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲッターズ飯田の金持ち風水 &マインド [ ゲッターズ飯田 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/4/19時点)

楽天で購入

 

たいていのお金持ちの方は

ティッシュペーパーを引き出しにしまって使っているそうです。

 

 

さすがに

まだまだ花粉も飛んでいる今の時期に

ティッシュがすぐに取り出せないとつらい…

 

でも生活感は隠したい…

 

そんな我が家の

ティッシュペーパーの収納方法をご紹介いたします。

 

 

とは言っても

我が家は引き出しには収納せずに

インテリアに合わせやすい

ティッシュケースに入れて置いています。

 

(寝室のティッシュはタンスの引き出しに入れています。)

 

 

ティッシュを使いたいときは

急いでいるときの方が多いので

実用性重視で

我が家は見せる収納にしています。

 

 

f:id:eri_ko:20190419113948j:plain

 

我が家のテッシュケースは

Artekアルテック

SIENAのティッシュカバーです。

 

www.sempre.jp

 

建築家アルヴァ・アアルトが手掛けた

北欧を代表するファニチャーブランド「artek

 

まさに北欧デザインと言える、

シンプルでモダンなデザインのテキスタイルです。

 

 

この赤い色が、

ダーク系の家具で揃えている我が家の

インテリアのアクセントになるような気がして

気に入っています。

 

 

カバーのつけ方もとっても簡単。

 

f:id:eri_ko:20190419114103j:plain

 

もともと

ボックスティッシュの形に合うように作られているので、

ティッシュを入れて

ケースの上のマジックテープを留めるだけ。
 

 

f:id:eri_ko:20190419114203j:plain

 

片方の側面には

ティッシュケースごと引っかけられるように

ループがついています。

 

 

 

このアルテックシエナの生地を使ったティッシュカバーは

センプレオリジナルのものです。

 

 

センプレのショップには他にも

クッションカバーなどのインテリアアイテムや

エプロンミトンなどのキッチン雑貨もあるので、

同じ柄でそろえることもできます。

 

 

 

 

 

アルテックは生地のみも販売しているので、

お裁縫が得意な方は

ハンドメイドのティッシュカバーを作ることもできます。

 

 

 

 

北欧インテリアが好きで

おしゃれなティッシュケースを探している方は

ぜひアルテックティッシュケースも見てみてください。

 

 

f:id:eri_ko:20190419114719j:plain

 

スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 一戸建インテリアへ
にほんブログ村